配合化粧品の効果

テクスチャー11スタキサンチンとはサケ、イクラ、エビ、カニなどに多く含まれている成分で、数ある天然素材の中でもトップクラスの抗酸化作用を持っています。この抗酸化作用によって活性酸素を除去する効果があり、動脈硬化の防止やがんや生活習慣病の予防にも効果があると言われています。アスタキサンチンの1日の摂取目安量はだいたい6mgと言われています。これは含有量の多い紅サケやキンメダイで1~2匹、エビでは10匹程度食べる必要があります。魚介類を多く食べる習慣のある方は食べられるかもしれませんが、継続的に摂取するためにはサプリメントを利用するのもおすすめです。

 
また、肌荒れの予防やシミ、シワなど肌の老化予防にも良いので、化粧品などにも使われています。

 
アスタキサンチンは、強い抗酸化作用により肌のサビつきを予防してくれるので、あらゆる肌の悩みを解決してくれます。中でも紫外線が原因で起こる肌の老化予防に効果があります。紫外線を浴びると一重項酸素という活性酸素が発生しますが、アスタキサンチンはこれを取り除く力が強いので、紫外線対策に効果的です。アスタキサンチンが配合されている化粧品の効果を実感するためには、まず高濃度の化粧品を使用してみるのがいいでしょう。

Comments are closed.